2017.10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


インフォメーション

大変申し訳ないですが、当サイトは、Google ChromeFirefoxでご覧ください。

リンク

カテゴリー

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- (--)スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珠莉タン、宇宙犬になる

2016.05.19 (Thu)病院へ行く!
こんにちは
今日、5月19日(木)は、ちょっと悲惨な目にあった珠莉タンをご紹介いたします
実は、4月13日(水)に、恒例の…といっても2回目なのですが、いつもお世話になっている動物病院で一日ワンドックを受診しました。
その時に心身的な問題は特になかったのですが、「ちょっと歯垢がたまって歯周病も懸念されるので、1ヵ月後に当院付属のアニマルクリニックで受診したほうが良いと思いますよ」といわれていたのです。
そして、今日がそのアニマルクリニックの受診の日だったのです。
受診といっても、全身麻酔で歯垢・歯周病を確認して、場合によって抜歯・縫合などいう大処置なのです。
そんなこととは全く知るよしもない珠莉タンは、いつものお気に入りのバックを出すと、いつものように自らダイブして「早く、早く行こうよ」と楽しそうだったのですが……

朝10時半ころにお預けして、夕方6時ころに処置が終わり、珠莉タンも麻酔から完全に醒めているので、お迎えに来てくださいと聞いてアニマルクリニックに伺うと、珠莉タンはエリザベスカラーの「宇宙犬」状態でした

処置をされた先生から以下の図を示されて、「もとから欠けていた歯(下図では黒色で表示されております)が上下15本、今回処置した歯(同じく赤色)が19本、そして現存する歯(同じく白色)が上下7+0.5本となりました。ただ、ワンちゃんは基本的に食事はほとんど飲み込むので、歯がなくても食事には問題ないのですよ」と慰められました。
あわせて、「このタイミングで処置ができたのは最善でした。歯周病であごの骨が薄くなっており、そのままだと骨折していたかもわかりません」ともおっしゃっていただきました。

クリニックに来て、処置の状況確認をする1週間後まで、ふんばりましょう珠莉タン
では、今日の珠莉タンの模様をご紹介いたします。

大好きなバックに、珠莉タン飛び込み
「早く、早くお出かけしましょ」と催促してます
おなじみになりました「地下鉄車内の珠莉タン」
地下鉄乗り換えのための「エスカレーター上の珠莉タン」
今日処置していただく「中央アニマルクリニック」に到着
バックから顔を出してる「クリニック待合の珠莉タン」
ちとわかりづらいですが、
バック内「宇宙犬」で帰路中の珠莉タン
まるで拗ねてるような珠莉タン
お気に入りのソファの上でも、なにか不機嫌そうな珠莉タン
「宇宙犬」の珠莉タンはかまくらにも変な姿勢となってます
今日はここまでです。珠莉タンふんばって

シルバーウィークの珠莉タン Part-1

2015.09.19 (Sat)病院へ行く!
あっという間のシルバーウィークでしたが、
この間の珠莉タンの様子を、ちと長いですので、細切れにご紹介します。

初日の9月19日(土)。
かかりつけの動物病院で、心臓検査および体重測定
今年の3月13日(金)のまだ”うにチャン”名の時に受診した一日ドックで、「僧帽弁閉鎖不全症の予備予備予備軍」と診断されて(その時の模様は、こちらどうぞ)、その時に先生から言われた、「半年ごとに確認しましょう」による受診です。
その間、もちろん、病院から勧められた「サプリ」をごはんに混ぜてあげておりましたが、受診結果は……「やや良くなっているようにも見えますが、僧帽弁閉鎖不全症はほぼ横ばいで、僧帽弁閉鎖不全症の初期の初期」でした。
症状が進行していなかったので、ママ&パパともに、とりあえずのホッと一安心
また気がかりだった体重も、2.38kgとやや増えちゃいましたが、「許容範囲です」との先生のお言葉に、これまたホッとホッとの二安心
その上、先生から「検査中もとってもよいこでしたよ」と言われ、ママ&パパは、『当たり前だよね』と思いながらも、鼻高々となった。とさ

こうして、初日は無事に暮れていきました。

珠莉タン、動物病院に行きました

2015.04.27 (Mon)病院へ行く!
珠莉タンと動物病院に行ってきました 実は、今回で3回目の通院なのです。

初回は3月13日(金)で、まだ「うにチャン」時代に、一日ドックで健康診断してきました。その時の模様はこちらで紹介させていただいております。

2回目は、先週の4月20日(月)でした。
前々日からほとんど食事をとらなくなり、前夜と当日朝に下痢っぽくなりました。「これは」と気遣って、動物病院に連れて行ったのです。
診察していただいた結果、「一過性の胃腸炎だろう」ということで、当日に点滴をして、5日分のお薬を出していただきました。お薬袋の裏には「お薬の説明」が詳細に載っており、ママは大感激
その甲斐もあり、翌朝からはウソのように、完食・快便ですっかり回復しました。

そして3回目の今日、4月27日(日)は回復の報告を兼ねて、わんチャンにとって時期的に必要となるフィラリア予防のための検査で行きました。
珠莉タンは、お散歩中の「わんチャン掲示板」チェックが大好きなので、フィラリア予防は必須なのです
「うにチャン」の募集要項【フィラリア】陰性と記載はしてあったのですが、念には念というママの性格もあり、あらためて検査してもらいました。
検査結果も実物で確認させていただきましたが、結果はもちろんOK(陰性)で、フィラリア予防のお薬(8カ月分)をいただきました。
これで、大好きなお散歩と「掲示板」チェックが思う存分できますよ。
よかったね!珠莉タン。



いよいよです。動物病院で……

2015.03.13 (Fri)病院へ行く!
<<今日の記事に珠莉チャンの画像はありません。ごめんなさい>>

今日、3月13日(金)、という何となく縁起が悪そうな日にちなのですが、一方で「大安」という非常に晴れやかな日に、動物病院へ珠莉チャンを連れて行ってきました

最大の目的は、もちろん、畜犬登録に必要な狂犬病予防接種の証明書をいただくことにあります。
ただ、現在の健康状態を確認するためもあり、初めてとなりますが、心臓検査を含めたより詳しい全身検査の一日ドックと追加で、涙やけなどがちょっと気になるので眼科を受診しました。

午後4時に病院に着き、珠莉チャンを預けてから、午後7時に受け取るまでの3時間、健康状態についてはほとんど心配しておりませんでしたが、ひょっとしたら、ひょっとして……などと考えたりして、ちょっとなが~い時間に感じられました。

そして、受診が終わり、先生とのお話です。
まず、検査中はおとなしくて、とってもよい子でしたよ、と先生からもお褒めの言葉をいただきました
そして、検査の結果は目を含めて、おおむね良好とのことで、ホッと安心
あっ、そうそう、狂犬病予防注射も問題なし、ということで接種していただきました。

ただ、心臓の僧帽弁閉鎖にやや不全症の気配が……の言葉に一瞬ギクッとしましたが、僧帽弁閉鎖不全症の予備予備予備軍らしく、「必要と思われたら心臓のサプリを出しますよ」と言われたので、「よろしくお願いいたします」と即答しました
病院でいただいた、サプリと診察券などです。

そして、珠莉チャンの推定年齢の話から、先生と相談しながら、珠莉チャンの誕生日が正式に決定いたしました。
その誕生日は、2010年1月12日(火)で、5歳となります

誕生日は、珠莉チャン(当時はうにチャン)が、ブリーダー崩壊からレスキュー・保護されたのが2015年1月12日(月)だったことと、推定年齢からして2010年1月12日だと5歳になって余り1カ月くらいでちょうど良いのではないでしょうか、と先生からも太鼓判をいただきました。

誕生日も決まり、健康状態もおおむね良好ということで、狂犬病予防接種も終わり、さて、いよいよ畜犬登録を……という段取りになる予定でしたが、すでに区役所の受付時間は終了してしまいました。

さて、いよいよ、なが~く待ちましたが、いよいよ3月16日(月)に畜犬登録して、譲渡契約書の送付など、我が家の珠莉チャンの最終段階に突入です
  • ページトップへ
  • ホームへ
  •  
  • 全記事一覧
  • 管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。